• ホーム
  • アドミッション・ポリシー

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

教育理念・目標

 地域科学部は、「地域」がキーワードとなるさまざまな社会的及び文化的課題について、人文科学、社会科学ならびに自然科学の基礎学力をもとにして、総合的に考究する能力を育てることを目標としています。これにより発展的な地域創成や、豊かな社会形成に貢献でき、リーダーシップを発揮できる人の育成を目指します。

求める学生像

このような理念・目標のもと本学部の学生には、主に次のような資質を持っていることを望みます。

1.人間社会の営みや自然との関わりに深い関心を持っている。

2.物事をさまざまな視点から総合的かつ論理的に考えることができる。

3.自ら課題を見つけ、その課題に対して積極的に取り組もうとする意欲を持っている。

4.他者の考えをよく理解し、自己の意見を表現する能力を持っている。

5.幅広い学問分野を学びながら、自己の専門分野を次第に決定してゆきたいという意欲を持っている。

学力の3要素について

 本学部は、学力の3要素のどの要素も重視しています。知識・技能、思考力・判断力、表現力、主体性を持って多様な人々と 協働して学ぶ態度、その他の要素を相互に関連付け、相互に補い合うように学んでくることを期待しています。

●知識・技能

人間・社会の営みや自然との関わりに基礎的な知識、技能を持っている。

●思考力・判断力

さまざまな視点から総合的かつ論理的に物事を考えることができる。

自ら課題を見つけ、その課題に対して積極的に取り組もうとする意欲を持っている。

●表現力

他者の考えをよく理解し、自己の意見を表現できる能力を持っている。

●主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

自ら課題を見つけ、その課題に対して積極的に取り組もうとする意欲を持っている。

他者の考えをよく理解し、自己の意見を表現できる能力を持っている。

●その他の要素

人間・社会の営みや自然との関わりに深い関心を持っている。

学力の3要素等知識・技能思考力・判断力表現力主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度その他の要素
選抜方法入試区分
センター試験 一般(前期・後期)推薦Ⅱ      
英語または数学 一般(前期)
小論文 一般(前期・後期)推薦Ⅰ,社会人,帰国生
面 接 推薦Ⅰ,推薦Ⅱ,社会人,帰国生

選抜方法方針

【一般選抜】

前期日程試験
地域科学部で学ぶのに必要な基礎学力を判定するため、大学入試センター試験を課しています。個別学力試験では、数学または英語(どちらかを選択)、および小論文試験を課しています。前者は、高校で学んだ数学または英語の学力を評価します。また、後者は、読解力や論理的思考力・表現力、関心の広さ、着眼点などを評価します。高校で履修しているどの授業も大切にし、幅広く学んでおくこと、さらに、豊富な読書体験を積んでおくことを勧めます。

後期日程試験
地域科学部で学ぶのに必要な基礎学力を判定するため、大学入試センター試験を課しています。個別学力試験では、小論文試験を課しています。小論文試験では、読解力や論理的思考力・表現力、関心の広さ、着眼点などを評価します。高校で履修しているどの授業も大切にし、幅広く学んでおくこと、さらに、豊富な読書体験を積んでおくことを勧めます。

特別選抜

推薦入学試験

  • 推薦入学Ⅰ(大学入試センター試験を課さない選抜)
    対象は、高等学校(中等教育学校を含む。)の専門学科又は総合学科、及び特別支援学校高等部の卒業見込みの者です。
    小論文試験と面接試験により、読解力や論理的思考力・表現力、関心の広さ、着眼点、学習意欲、問題意識などを評価します。高校で履修しているどの授業も大事にし、幅広く学んでおくこと、さらに、豊富な読書体験を積んでおくことを勧めます。
  • 推薦入学Ⅱ(大学入試センター試験を課す選抜)
    地域科学部で学ぶのに必要な基礎学力を判定するため、大学入試センター試験を課しています。また、面接試験では、論理的思考力・表現力や関心の広さ、着眼点、学習意欲、問題意識などを評価します。高校で履修しているどの授業も大事にし、幅広く学んでおくこと、さらに、豊富な読書体験を積んでおくことを勧めます。
  • 社会人特別選抜
    対象は、社会経験を積み、大学で学ぶ意欲のある社会人です。小論文試験と面接試験により、読解力や論理的思考力・表現力、関心の広さ、着眼点、学習意欲、問題意識などを評価します。幅広い豊富な読書体験を積んでおくことを勧めます。
  • 私費外国人留学生特別選抜
    地域科学部で学ぶのに必要な基礎学力を判定するため、日本留学生試験を課しています。また、小論文試験と面接試験により、読解力や論理的思考力・表現力、関心の広さ、着眼点、学習意欲、問題意識などを評価します。各自の学校で履修しているどの授業も大事にし、幅広く学んでおくこと、さらに、豊富な読書体験を積んでおくことを勧めます。
  • 帰国生特別選抜
    小論文試験、面接試験により、読解力や論理的思考力・表現力、関心の広さ、着眼点、学習意欲、問題意識などを評価します。
    各自の学校で履修しているどの授業も大事にし、幅広く学んでおくこと、さらに、豊富な読書体験を積んでおくことを勧めます。

3年次編入学試験
対象は、大学を卒業した者(卒業見込みの者)、短期大学、高等専門学校を卒業した者(卒業見込みの者)、修業年限4年以上の大学に2年以上在学し所定の単位を取得した者です。英語の学力試験、小論文試験、面接試験を課しています。英語の学力試験では、地域科学部で学ぶのに必要な英語の学力を評価します。また、小論文試験、面接試験により、読解力や論理的思考力・表現力、関心の広さ、着眼点、学習意欲、問題意識などを試します。各自の学校で履修しているどの授業も大事にし、幅広く学んでおくこと、さらに、豊富な読書体験を積んでおくことを勧めたいと思います。また、3年次編入学の場合は、編入学すると、すぐに、所属する専門セミナーを決めることになります。自分の勉強したい専門分野を決めておいてください。そして、その分野を学ぶ準備を怠らないようにしてください。


Copyright © 2015 - 2017 Faculty of Regional Studies, Gifu Universtiy. All Right Reserved.