• ホーム
  • NEWS&TOPICS
  • 【ご報告】「高校生のための街なかオープンカレッジin岐阜」を開催しました

【ご報告】「高校生のための街なかオープンカレッジin岐阜」を開催しました

8月10日(土),まちづくりなどのテーマについて,専門分野の見方を通じて大学での学び方を多角的に体験すること等を目的として,岐阜市周辺で「高校生のための街なかオープンカレッジin岐阜」を開催し,県内および県外の9校から17名の高校生の参加がありました。

午前の部では,ぎふメディアコスモスの「みんなのホール」で,岐阜市立女子短期大学の臼井直之先生による講義『公共施設のつくりかた』が行われ,実際にホールの舞台や楽屋などを見て回りながら,照明や音響の効果など,ホール空間を設計する際に考えることについて解説が行われました。

午後の部では,岐阜大学の富樫幸一先生によるフィールドワーク『新旧織りなすまちなかの魅力』が行われ,実際にぎふメディアコスモスから柳ケ瀬通の皐月座まで歩きながら岐阜のまちを観察し,その中で,地理学の視点からまちの成り立ちの解説が行われました。

その後,臼井先生のゼミがリノベーションを行った皐月座でワークショップを行い,柳ヶ瀬商店街での新たな動きと将来の展望について意見を出し合い考えました。

参加者からは大変好評な感想をいただき,「柳ケ瀬商店街には何度も来ているはずなのに知らないことが沢山あった。」,「新しい岐阜の一面を見られて,もっと岐阜が好きになった。」,「今日の学びを通して自分が住んでいる地区のことも気になった。」等の声がありました。

オープンカレッジは10月にも開催します。興味のある高校生のみなさんは奮ってご参加ください。

190810OC.png


Copyright © 2015 - 2019 Faculty of Regional Studies, Gifu Universtiy. All Right Reserved.